山下大輝(声優)さんの歌唱力がすごいって本当?専門学校へ行っていたことも?

山下大輝さんのプロフィール

山下大輝(やました だいき)
愛称:ダイキング、だいちゃん
生年月日:1989年9月7日(30歳)
出身地:静岡県浜松市
事務所:アーツビジョン

山下大輝さんは1989年9月7日生まれ、2020年4月現在30歳の声優さんです。

 

アーツビジョンという事務所に所属しており、2012年にデビューしました。デビュー2年後には、2013年のアニメ『ガイストクラッシャー』の白銀レッカ役で声優アワードの新人男優賞を受賞しています。

 

そして代表作となったのはアニメ『弱虫ペダル』で、主人公の小野田坂道役を演じて有名になりましたよね。

 

 

『刀剣乱舞』や 『僕のヒーローアカデミア』などの様々なアニメやゲームのキャラクターを演じ、現在も大活躍している山下大輝さん。

今回はそんな山下大輝さんについてご紹介したいと思います。

<オススメ記事>

水瀬いのり(声優)の本名は?声優になったきっかけは?

中村悠一(声優)は結婚している?井上麻里奈さんとの熱愛情報は本当?

 

山下大輝さんの身長は?

 

演技力や歌唱力に定評のある山下大輝さんですが、身長について以前から小さいと噂になっているのはご存知でしょうか?

 

自分でも「身長が小さい」と言っているように、他の声優さんたちと並んでいる写真を見ても小柄なのがわかります。

 

公式では身長の記載はありませんが、推定で162cmと言われています。

日本人の男性の平均身長は171cmだと言われていることからも、その身長は小さめだということがわかりますね。

 

女性がヒールを履くと追いついてしまうくらいの身長ですが、ファンにはその身長も可愛らしい雰囲気とともに魅力の1つとして捉えられています。

 

山下大輝さんが声優になったきっかけは?

 

今や声優として大活躍している山下大輝さんですが、学生時代にはプロを目指せるほどのテニスプレイヤーでした。

お父様がテニスのコーチをしていたことから、物心つく前からテニスを教わっていたそう。

 

そして、負けず嫌いだったという山下大輝さんは、テニスの世界でもどんどん結果を出していきました。

しかし、元々プロになるつもりはなく、趣味としてテニスをしていたことや歌や芝居が好きだったことから、テニスとは違う道を選ぶことにしたそう。

 

趣味だったというテニスでもプロを目指せるくらいの素晴らしい結果を残しているということからも、努力家ということがよく分かりますね。

 

そんな山下大輝さんが声優に興味を持つきっかけは、なんとディズニー作品でした。

 

お母様がディズニー作品のファンであったことから、しょっちゅうディズニーアニメのビデオを観ていたという山下大輝さん。

当時『アラジン』のジーニーが男性、女性、子どもまで様々な声を出していることに感動したことが声優という仕事を知るきっかけとなりました。

そのことからも、ジーニー役を演じていた山寺宏一さんは憧れであると言っています。

 

その後はミュージカルが好きだったこともあり、歌の勉強をするために音楽の専門学校であるミューズ音楽院のボーカル専攻科に2年間通うことになります。

しかし、歌を仕事にするということに違和感を感じ、お芝居への興味と自分の声やキャラクターを生かせるものを探して日本ナレーション演技研究所という声優の養成所に通い始めることになりました。

 

こうして人気声優の道を駆け上がっている山下大輝さんですが、声優という厳しい世界を生き抜く力のベースにあるものはテニスで鍛えられたものかもしれませんね。

<オススメ記事>

上坂すみれ(声優)さんの実家はお金持ちって本当?ハーフとの噂も検証!

斉藤壮馬(声優)さんがハゲそうって本当?Twitter上のファンの反応は?

 

山下大輝さんの歌唱力がすごい

 

若手ルーキーとして期待

甲高いハイトーンボイスを特徴として、声色を自由に変化させてキャラクターに入り込むという声優としての実力も素晴らしい山下大輝さん。

しかし、声優としての実力もさることながら元々歌の専門学校に通っていたこともあるという歌唱力にも定評があります

 

専門学校時代にはボーカル専攻科だったそうなので歌がうまいというのにも納得ですよね。

 

現在、男性声優さんにも高い歌唱力を持つ方がたくさんいる中で、中から高温域のハイトーンまでの幅広い音域を出せる山下大輝さんは貴重な存在となっているようです。

ファンの中からも「山下大輝さんの歌唱力はもっと評価されるべき」や「歌の仕事をもっとしてほしい」という声もたくさん上がっています。

 

また、キャラごとの歌い分けが天才的で、キャラのまま歌声を出すことができるという圧倒的な歌唱力は多くの人を驚かせています。

音源ではもちろん、イベントなどのライブでも安定した歌唱力を発揮できるというところも評価されているポイントですね。

 

ストレートに声優養成所に入ることなく、専門学校を経験しているということで磨きがかかった歌唱力もしっかりと今の声優というお仕事に生かされていて素晴らしいですね。

 

山下大輝さんの楽曲

 

山下大輝さんは、2013年に発売されたTVアニメ『弱虫ペダル』のキャラクターソングCDにて、小野田坂道として「Ride On」「もう少し、あと少し」の2曲を歌ったことをきっかけに様々な楽曲を出しています。

翌年の2014年には、小野田坂道役のチーム総北として歌った「Be As One」は、テレビアニメ『弱虫ペダル』のオープニングテーマとなり話題になりました。

 

2016年には、刀剣乱舞の厚藤四郎役として歌った「花の薫りは叶枝垂れ」は、テレビアニメ『刀剣乱舞-花丸-』エンディングテーマになりました。

この曲は入江玲於奈さん、山下誠一郎さん、粕谷雄太さん、山谷祥生さん、山本和臣さん、浅利遼太さんなどと一緒に歌っているのですが、複数の声優さんの中でも埋もれずにしっかりと際立つ歌唱力を披露しています。

 

『うたの☆のプリンスさまっ♪』にも出演しており、2019年には劇場アニメ『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』の挿入歌となった「Colorfully☆Spark」を来栖翔役の下野紘さん、帝ナギ役の代永翼さんと一緒に歌っています。

『うたの☆のプリンスさまっ♪』では、色々な声優さんの歌唱力が目立っていますが、山下大輝さんもその歌唱力を発揮して様々な曲を歌っています。

 

1人で歌っている曲はもちろん、グループやユニットで複数の声優さんたちと一緒に歌っている曲も多くあります。

そんな中でも抜群の歌唱力で際立っているという点が山下大輝さんが注目を浴びている1つの理由ではないでしょうか。

 

まとめ

今回は大注目の声優、山下大輝さんについて紹介いたしました。

幅広い音域と専門学校に通って鍛えられた歌唱力を武器に今後も躍進していくこと間違いなしの声優さんですね。

声優としてはもちろん、素晴らしい歌唱力を生かした活動にも注目していきたいですね。

関連記事

こちらのページではオススメの記事について紹介しています。 男性声優、女性声優をあいうえお順にまとめています。 気になる記事があればぜひ記事を確認してみてください。 >>記事は随時更新中です。<< 男性声優 男性声優一覧表 […]