下野紘(声優)の本名は?声優になったきっかけは?

  • 2020年5月17日
  • 声優
  • 5view
  • 0件

 

今、声優としても俳優としても人気を博している下野紘さん。

役者だけはなく、多岐に渡って活躍されています!

今回はそんな下野紘さんの

本名声優を志したきっかけ学生時代などをご紹介していきます!

 

下野紘さんのプロフィール

 

まずは簡単に下野さんのプロフィールから!

 

生年月日:1980年4月21日(現在40歳)
愛称:「しもんぬ」「ひろたん」
出身;東京都
血液型;B型
所属事務所:アイムエンタープライズ
身長;168㎝
好きなもの;ビール、唐揚げ(日本唐揚協会主催「からあげグランプリ」にて6年連続ベストカラアゲニスト受賞)
嫌いなもの;高所、煮干し
デビュー作:アニメ『ラーゼフォン』(神名綾人)
ゲーム『リリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術師3~』

 

アニメ・ゲーム、さらに2019年には映画『クロノス・ジョウンターの伝説』にて主演「吹原和彦」役で、

いまや俳優としても活躍していらっしゃいます!

<オススメ記事>

水瀬いのり(声優)の本名は?声優になったきっかけは?

中村悠一(声優)は結婚している?井上麻里奈さんとの熱愛情報は本当?

 

下野紘さんの本名は?

 

「下野紘」というお名前は、本名と同じだそうです!

ただ、「」の字がときどき、「」に間違えられることもあるとか。

 

余談ですが、『AD-LIVE‘19 10th Anniversary stage 11.17 sat』にて

同じ声優である浅沼晋太郎さんが下野さんのお名前を読めるように書くシーンがあったのですが、

浅沼さんも間違えていたようです。(本編夜の部より)

 

下野紘さんの出身高校や大学は?

調べたところ、高校の名前まではわかりませんでした。

出身が東京都なので都内であることは、確かだと思われます。

 

中学生のころに声優を目指して、高校にはいかずに養成所に入ろうとしたところ両親に説得されて

高校を卒業しても声優なりたいなら、好きにしていいい

と約束をして進学を選んだようです。

高校も選んだ基準も「家から近くて、演劇部があるところ」だったようです!

 

大学に関しては、高校卒業後すぐに日本ナレーション演技研究所に入所されているようです。

それに一切の情報が出てこなかったので、おそらく進学していないと思われます

(どこかのラジオで、「大学知らないからなー」と言っていらしたような気もします…。)

 

高校卒業後に入所された日本ナレーション演技研究所は、

専門学校というか扱い的には習い事のようなカリキュラムのようです。

下野さんのほかにも、仲良しの梶裕貴さん同じ事務所の後輩である内田雄馬さん鈴木達央さんなど

第一線で活躍されている声優を多く輩出しています!

 

養成所在学中に今の所属事務所のアイムエンタープライズに合格したようです!

(在学中に事務所のオーディションに合格することは、とってもすごいことなんです!)

 

下野紘さんの学生時代の部活は?

高校生は演劇部に所属していたようです!

そこで、演劇の基礎をほぼ独学で学んだようです。

 

入部した演劇部ですが、実は廃部していたところをひとつ上の先輩が復活させたばかりだっだようです。

それに、先輩方はどちらかというとミュージカル志向だったようなので、

ほぼ舞台演劇らしいことはしてなかったそうです。

本格的な演劇に触れたのは、学校外での友達と参加したワークショップが初めてだったそうです。

三年生になるころには部員もある程度増えて、監督や演技指導も任されていたそうです。

<オススメ記事>

上坂すみれ(声優)さんの実家はお金持ちって本当?ハーフとの噂も検証!

斉藤壮馬(声優)さんがハゲそうって本当?Twitter上のファンの反応は?

 

下野紘さんのこれまでの経歴は?

今までの内容をまとめてみると…

中学3年生で声優を志し高校進学後、演劇部に所属

高校卒業後は日本ナレーション演技研究所に入所、

在学中にアイムエンタープライズに所属

となります。

 

2001年にゲーム2002年にアニメで声優デビューされました。

その後は、なかなか次の仕事が決まらずバイトに明け暮れていたそうです。

引っ越し業スーパーの警備員イベント会場の警備食品会社の製造ラインなどなど、

力仕事の単発のバイトをよくしていたそうです。

20代後半になってから、声優一本で食べていけるようになっていったとインタビューで語っていました。

 

>インタビューはこちら>

 

 

そして2016年には声優デビュー15周年を記念して、

シングル「リアル‐REAL-」で歌手デビューをされました!

それまでにも歌手デビューの話は何度か上がっていたようですが、

自身がないとして断っていたようです。

ただ、15周年という節目に次の新しい目標を立てて、

自分の殻を一枚とって成長する意味も込めて“下野紘ソロプロジェクト”として制作が始まり、

「リアル‐REAL-」が生まれたそうです!

今年2020年6月には1stフルアルバム「WE GO!」も発売予定です!

 

 

 

アニメ作品も数多く出演されており、

『バカとテストと召喚獣』(吉井明久)

『うたの☆プリンスさまっ マジLOVEシリーズ』(来栖翔)

『カーニヴァル』(无)『ACCA13区監察課』(ジーン・オータス)など多岐に渡ります。

今年(2020年)の夏に放送開始予定の

『ピーター・グリルと賢者の時間』の主人公「ピーター・グリル」役でも出演されます!

 

下野紘が声優になったきっかけは?

声優を目指したきっかけになったのは、

『無責任艦長タイラー』という作品だったようです。

中学三年生の時に、

受験でのプレッシャーや初めて出来た彼女に振られるなど

悲しいことがつづいたそうです。

それまでも『元祖SDガンダム』『ハイスクール!奇面組』などの作品も見ていたそうですが、

数年前に放送していて全部見切れていないことを思い出し、

傷心を癒すために見ていたそうです。

 

主人公であるタイラーを見て

「こんな大人になりたい」と憧れを抱いたようです。

そのころ、いわゆる声優雑誌が流行り始めた時期でもあったようで、

声優がパーソナリティのラジオを聞いてこんな楽しい世界があるんだ

と感じて声優を目指したようです。

 

初主演作である『ラーゼフォン』に抜擢された時は、

まだ日ナレの研修生実践での演技の経験もほぼない状態だったそうです。

『ラーゼフォン』の収録の一週間前に、初めてマイクレッスンを受けたようです。

この頃、なかなかオーディションに合格できず

ラーゼフォンがダメだったら声優をやめよう」とまで考えていたそうです。

 

『ラーゼフォン』が終わり半年ほどたったころに、

レッスンで講師に「芝居以前に生きること必死すぎる」と言われたのがきっかけで、

少しづつ力の抜き方を覚えていったそうです。

 

まとめ

今回は下野さんのプライベートについて書いてきましたが、

いかがだったでしょうか?

私たちが知っている下野さんに至るまでにいろいろな経験をされているのがよくわかりました。

これからも、アーティスト活動など役者以外の活動増えてくると思いますが楽しみですね!

関連記事

こちらのページではオススメの記事について紹介しています。 男性声優、女性声優をあいうえお順にまとめています。 気になる記事があればぜひ記事を確認してみてください。 >>記事は随時更新中です。<< 男性声優 男性声優一覧表 […]