News おしらせ

2017年2月17日

沖縄名産の泡盛 オリジナル泡盛「にらかない」

沖縄のお酒といえば「泡盛(あわもり)」ですね。ホテルニラカナイ西表島では、沖縄県石垣島にある蔵元「請福酒造(せいふくしゅぞう)」とのコラボレーションによるオリジナル泡盛「にらかない」をご用意しています。地元八重山産のお米を原料にブレンドして造っているのが特徴。まろやかな味わいになっています。沖縄でもここだけにしかない泡盛。お土産にいかがですか。

沖縄 泡盛にらかない

【泡盛はどんなお酒?】

泡盛はタイ米を原材料とし、伝統的に黒麹菌を用いているのが大きな特徴です。黒麹(くろこうじ)を用いて酒造りを行っている地域は世界でも珍しく、沖縄諸島の蒸留酒として名産品になっています。

「泡盛」という名前が文献に登場するのは、1671年。江戸時代、琉球王国から徳川家へ贈られた献上品の目録が初めてといわれます。

ひとくちに泡盛といっても、いろいろなタイプがあります。軽い飲み口タイプから、甕(かめ)で何年もねかせた古酒(クースー)まで。香り、味わいなどのバリエーションが豊富です。アルコール度数も40度以上のものもあれば、一般的な焼酎と同じ20度のものもあります。

【泡盛の飲み方】

泡盛は、アルコール度数が20度~40度と種類があるので、幅広い飲み方が楽しめます。ストレート、オン・ザ・ロック、水割り、お湯割り、炭酸割り(ソーダ割り)などなど。沖縄で愛飲されるさんぴん茶やシークヮーサー果汁割りも試してみたいですね。

ホテルニラカナイ西表島オリジナル泡盛「にらかない」は、度数30度。まろやかな味わいなので、飲み方はロックでもストレートでも、水割りにされても美味しいです。ショップ販売のほか、各レストランでもご提供していて、先日お越しになったお客様は、ご主人はストレートで、奥様は水割りでお飲みになっていました。女性のお客様が気に入られることが多く、レストランで飲まれた後に、お土産として購入してくださっています。

【ここで、泡盛におすすめのおつまみをご紹介】

ホテルショップでは沖縄風おつまみもご用意しています。ホテル支配人が泡盛におすすめするおつまみは、
・海ブドウ=ポン酢をちょこっとつけて
・ミミガー=美味しいです!
・ナカミチップ=モツ(いわゆるナカミ)を乾燥したスナック
・肉みそ=沖縄の肉みそはお酒に合うんです

沖縄土産 泡盛泡盛と一緒に沖縄ならではのおつまみもいかがでしょう。
ホテルオリジナル泡盛
にらかない
ボトル¥2,100
発売元:ホテルニラカナイ西表島
製造元:請福酒造

ホテルショップ最後に、請福酒造を紹介します。
沖縄・八重山では1番と誉れ高い酒造会社です。西表島の水で仕込まれた「いりおもて」など、独自性の高い銘柄が特徴。泡盛だけでなく請福梅酒も人気があります。
ホテル1階のショップには、いろいろな泡盛がありますので、ぜひお立ち寄りください。
ほかにも、いりおもてやまねこグッズ、琉球グラスなどお土産の品々を取り揃えています。朝7時から夜10時まで営業しています。