News おしらせ

2018年6月20日

沖縄西表島に咲く幻のサガリバナ 鑑賞ツアー6/25より1年で1ヶ月だけ

夜に咲いて、早朝には散る。一夜限りの幻の花を求めて、西表島へいらっしゃいませんか。

沖縄西表島のサガリバナ

ホテルニラカナイ西表島のサガリバナ観賞ツアーは、クルーズ船で見に行きますので、小さなお子様連れのお客様も、足に自信がないお客様もどなたでもご参加いただけます。

花自体は西表島以外でも沖縄本島、宮古島、奄美大島などで見られますが、西表島では川沿いに群生しているので、川面にポタポタと音を立てて落ちる様子、無数の花が川面を漂う様子、そして独特の香りに包まれる幻想的な雰囲気が大きな魅力です。

ホテルニラカナイ西表島のサガリバナクルーズ

夕方、つぼみがゆっくりとひらきはじめ、最初に出てくるのは紅色をしためしべ。
そのまわりを、白色のおしべが優しく包みこむように、花がひらきます。
花の甘い香りに誘われてやってくる虫が、めしべに花粉をつけてゆきます。

サガリバナの季節は、ちょうど西表の空に天の川がきれいに見える時期。
満天の星が輝く夜、甘い香りを放ちながら、花は咲き続けます。

夜が明ける頃、花は役目を終えて散り、散った花は土にかえって、また木々を育てます。
残っためしべは果実となり、やがてサガリバナの木から落ちて、違う場所で芽生えます。

沖縄西表島のサガリバナ

花言葉は、「幸福が訪れる」。
川の水面に、たくさんの綿毛のような花が浮かんで流れくる風景は、幸せがいっぱい流れてくるようにも感じられます。

サガリバナ観賞ツアーの期間は2018年06月25日~2018年07月30日。催行日がありますので、詳細ページにてご確認ください。
詳しくはアクティビティへ