【共働きの方必見】!そのストレスの原因教えます!

共働きの世帯が年々増加している現代。
共働きだと収入が安定したり、メリットが多い反面、ストレスに感じることも多いでしょう。

こちらではどんなことにストレスを感じているのか、ということからストレス解消法までご紹介します!

結婚生活にストレスを感じている人の割合は?

幸せな生活を夢見て結婚したのはいいけれど、幸せと同時にストレスを感じている人が多いよう。
ストレスを感じている既婚世帯は約半分!
その中の約8割が共働きという結果になっています。

共働きとなると外での“仕事”だけで終わることがなく、外での仕事が終わると家庭での“仕事”が待っています。

 

出典:Oggi.jp

女性の方がストレスを感じやすいって本当?

昔は“男性は外で働く”“女性は家庭を守る”という役割がありましたが、現代でその考えは相当古いもの。
しかし、この固定概念が強く残る男性も少なくありません。

男性は「“俺の方が”稼いでいるんだから」「“俺の方が”長い時間働いているんだから」と自分のことしか考えず、優位な立場に立とうとする傾向があります。
その結果、共働きにも関わらず女性が家事全般をしなくてはならないという状況になる為、女性の方がストレスを感じやすくなるのです。

 

どんなことにストレスを感じているの?

共働きの世帯ではどんなことにストレスを感じているのでしょうか。

家事を手伝ってくれない

共働きなのに家事は“共働き”にしてもらえない為、ストレスを感じる女性が多いようです。

買い出しを手伝ってくれない

日用品や食材の買い出しに行くと重い荷物を運ぶことも多々ありますが、女性1人で担っている場面をよく見かけます。

パートナーが自立できていない

家に帰ると妻が夫の“面倒をみて当たり前”という考えの夫もいるよう。
家に帰れば、当たり前のようにご飯が出てくる、当たり前のように洗濯をしてくれると思っていませんか。

家事に求めるレベルが異なる

家事となるとどうしても女性の方ができてしまうもの。
故に女性は男性に無意識のうちに高いレベルの家事を求めてしまいます。
男性にとっては“食後の皿洗い”をしたのかもしれませんが、女性は“食後の皿洗いをして、食器を全て片付ける”までが家事の1くくりとなっています。

育児に積極的でない

女性は自分の身体を痛めて子どもを産むので、子どもが誕生した瞬間から“母親”になります。
しかし男性は子どもが誕生してもすぐに“父親”にはなれません。
いつまでたっても“父親に”なりきれない夫にストレスを感じる女性は多いです。

話を聞いてくれない

家にいるときはずっとテレビを見ていたり、ゲームをしていたり。
共働きの家庭では、仕事でも家庭でも1日通して“変化”があるのはお互い様。
自分は好きなことに没頭して、妻の話を聞いてくれないのはストレスを感じてしまいます。

夫婦の時間が少ない

共働きであると、どうしても仕事の時間が異なるので夫婦でいられる時間が減ってしまいます。
せっかく結婚したのにすれ違い生活になっている家庭も少なくありません。
夫婦の時間が少ないとどうしても寂しく感じてしまいますよね。

 

ストレスを感じにくくする方法!

パートナーをあてにしない

どうしても“~してほしい”と相手に希望や期待をもってしまいがち。
その結果、何もしてくれずにストレスを感じてしまうことが多いので、いっそのこと期待するのをやめてしまいましょう!
そうすれば、極まれに手伝ってくれたときの喜びが大きいです。

口に出すとイライラするので口に出さない

手伝いをお願いしても文句を言いながらやられたり、不満が溜まって口に出すと、それはそれで喧嘩になってしまったり・・・。
どっちにしても自分がイライラするだけなので口に出さず、口に出すのならば相手に聞こえないよう小声で言いましょう。

パートナーが帰る前に先に寝る

パートナーが帰宅すると、いいところも悪いところもあれこれ目についてしまいます。
パートナーの帰宅が遅いときはいっそのこと先に寝てしまいましょう。

たまにデートして意思疎通をとる

共働きで仕事の日はなかなか時間が合わなかったりしますよね。
話しをしないと相手の考えていることがわからず、ストレスになってしまいます。
ですから、休みが合う日はデートをしてお互いの顔を見ながらたくさん話しましょう。

家事代行サービスを利用する

家事にストレスを感じるのであれば家事代行サービスを使ってみるのも1つの手です。
良心的な値段でしてくれるところが多いので、家計の負担にもなりにくいです。

 

おすすめストレス解消法!

とりあえず寝る

「嫌なことは寝て忘れる」という言葉があるよう、寝ることで頭の中や気分をリセットしてくれるのでおすすめ!
夜早めに寝てみるのもよし、休みの日であれば15分ほどお昼寝するだけでもスッキリしますよ。

体を動かしてリフレッシュする

身体を動かして汗と一緒にストレスも流してしまいましょう!
身体を動かすといってもスポーツにこだわる必要はなく、近所を散歩してみたり、家中の大掃除をしてみるのもいいかもしれません。

美味しいものを食べる

自分の好きなものを食べるのもいいストレス解消になりますよね!
おいしいものを食べれば心も身体も満たされます!

趣味に没頭する

趣味がある方は趣味に没頭するのもいいでしょう!
好きなことをしている間は日常の嫌なことを忘れることができます。
そしてそのまま忘れ去ってしまいましょう。

読書をする

読書をしている間は余計な考え事ができませんよね。
本を読んでいるとその世界に入り込むことができるので、非日常を味わうこともでき、ストレス解消にもなります。

 

まとめ

共働きである以上、仕事においても、家庭においても立場は“平等”です。
家庭の仕事のことは、言う方も言われる方も少なからずストレスを感じます。
今一度、お互いに歩み寄って家庭のことを話し合ってみると、相手の意外な本音が聞けるかもしれません。