【共働きの方必見】!家事を時短する方法5選!

共働きの家庭が増え、女性もたくさん社会に出るようになりました。

女性も働くことで家庭の収入が増えるのはいいことです。
しかし、家事を分担しているという家庭は少なく、女性の負担が増えているのではないでしょうか。

今回は共働きで家事を時短する方法についてご紹介していきたいと思います。

家事に費やす時間はどれくらい?

働いている女性が家事に費やしている時間の平均は2時間ほどのようです。

朝起きてからバタバタと家事をこなし、仕事から帰ってからも急いで料理をしたり、時間に追われて1日を過ごしていると思います。

仕事と家事でほとんど終わってしまい、自分の時間がないのが現状です。

もっとも時間を費やす家事は何?

1番時間を費やす家事は料理と答える人が多く、次に掃除、買い物、洗濯という順で続いていきます。

料理と答えた方が圧倒的に多かったようです。

料理と買い物を合わせると家事の時間の中でも、ずいぶん長い時間になりますよね。
朝、昼、夜と3食考えなければいけないため、どうしても長くなってしまうのも事実です。

次にどうしたら家事を時短できるのか、方法について詳しく書いていきたいと思います。

家事の時間を短縮する方法5選!

1.冷凍保存できる食材を多めに購入する

冷凍保存することで1度にまとめてたくさん買い物をできるため、買い物に行く回数を減らすことができます。

今は、以前と比べて冷凍野菜などの種類が増えましたよね。
生の野菜を買うよりも長く保存でき、使い勝手も良いため、最初から冷凍販売されているものを選ぶのもひとつの選択肢になると思います。

また、生の食材の中には冷凍することで栄養価が高くなる食材もあります。

きのこなどがその一つです。
冷凍することでうまみ成分や疲労回復効果のある成分が増加すると言われています。

ブロッコリーやにんじんは冷凍することでビタミンやお肌に良い成分が増加するようです。

ほんの一部ではありますが、このように栄養価を上げることができます。食材の中にはもちろんですが冷凍に向かない食材もあるので、注意が必要です。

2.作り置きをして冷凍保存しておく

作り置きをすることで、おかずを作らずに済み、解凍しただけで食べられるため、料理の時間を大幅に短縮することができます。

例えば、ハンバーグなどを成形して冷凍したり、焼いてから冷凍しても何の問題もありません。
休みで時間のある日に作り置きすることで、忙しい日の時間を短縮することができます。

また、おかずを作って冷凍すると言うと、難しそうな気がしますが、作り置きとはそれだけではありません。

まとめて冷凍するときに、適当な大きさに切って下味をつけてから冷凍庫に入れることで、作るときの手間をひとつ減らすことができます。

さらに、食材を腐らせずに使い切ることができるのが作り置きのいいところです。

難しく考えずに、どこまで準備しておいたら楽か考えてみるといいかもしれません。

3.家電製品に投資する

最近は、便利な電化製品が増えています。値段は安くありませんが、時短できたり、自分が楽になることを考えるとあって困ることはありません。

料理で言えば、圧力鍋や自動調理器、炊飯器でご飯を炊く以外のことができるものもありますよね。
圧力鍋は火にかける時間が短くて済みます。自動調理器は材料を全て入れてスイッチを入れるだけで、好きな料理を作ってくれます。

食洗器を買うのも一つの手だと思います。
洗い物をお任せすることで、節水にもなるし、洗ってもらっている間に別の家事をすることができます。

掃除なら自動掃除機、洗濯ならドラム型洗濯機です。

全て買うのは難しいですが、苦手なことや嫌いなことなどを家電にやってもらってもいいのではないでしょうか。

時短したいと考えているあなた!
ぜひ、家電の購入を検討してみて下さい。

4.ネットスーパーなどで買い物をする

買い物は思った以上に時間がかかります。急いでいるときの買い物は大変ですよね。

今はネットスーパーや食材宅配などが増えてきています。
それぞれ注文してから届くまでの時間は違いますが、早いものなら当日や翌日に届けてもらうこともできます。

夜寝る前などに注文して、休みの日に届けてもらうことができます。そのため、わざわざ買い物に行かなくていいので、買い物に使っていた時間を別のことに使えるようになります。

重いものを買ったり、量が多くても自宅まで届けてくれるので、とても便利なサービスです。

5.洗濯ものはハンガーにかけたまま収納する

これは収納するスペースがある場合に限りますが、ハンガーのまま収納することで畳む手間が省けます。

干すときにハンガーにかけて、乾いたらそのまま収納スペースに持っていくだけとても簡単に時短することができます。

洗濯ものを畳むのはかなり時間がかかります。また、畳んだところがしわになる可能性もあります。

スペースがなければ難しい時短方法ではありますが、とても効果的な方法です。

まとめ

家事で一番時間を費やしているのは、料理だということが分かりました。

時短するためには
* 冷凍保存できる食材を多めに購入する
* 作り置きをして冷凍保存しておく
* 家電製品に投資する
* ネットスーパーなどで買い物をする<
* 洗濯ものはハンガーにかけたまま収納する

これらの方法をすべてやらなければいけないわけではありません。

また、今回紹介した方法以外にも家事を時短する方法はあると思います。

工夫次第なところもありますが、今回紹介した方法を試してみて、自分に合った家事の時短方法を見つけてほしいと思います。