【共働きの方必見】!男性が家事を手伝いたくなる方法5選!

昔は“仕事=男性”“家庭=女性”といった考えでしたが、その考えは相当古くなっています。
実際に、年々共働きの世帯数は増えてきているのが現状です。

しかし、共働きの世帯が増えてきているのにも関わらず、未だ強く根付いているのが“家事は女性がするもの”という考え。

「共働きなのに家事は全て私」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
そこで、男性に家事を手伝ってもらうための秘訣をご紹介します!

家事を手伝わない男性の心理は?

共働きなのに自分が仕事から帰って家事をしていても手伝ってくれない!
そんな男性は一体どんな心理なのでしょうか。

1.家事は女性がするものだと考えている

古くからの日本の風習で、どうしても“男性だから”“女性だから”という固定概念が強く根付いている傾向があります。
ですから、共働きにも関わらず「俺は働いているんだから」「俺の方が稼いでいるんだから」と主張するのです。
世間では共働きと共に、段々と家事も平等にする家庭が増えてきてはいますが、このような考えの男性も未だにいるのです。

2.見えない家事を分かっていない

見えない家事、別名“名もなき家事”とも呼ばれています。
男性にとっては目に見えているものしか“家事”としてとらえることが難しい面があります。
食事をとったらお皿を洗う、汚れたものは洗濯する、部屋が汚いので掃除する、といったものは全て目に見えてわかる家事です。
しかし、日用品の買い出し、毎日の献立を考えるなど、目に見えない家事には気づかないのです。
この点においては男性が“やってくれない”のではなく、ほとんどの男性が“気づいていない”のです。

3.家事を仕事で見ている

何年も前から“男女平等”とうたわれていますが、ほとんどの会社では“男女不平等”です。
共働きの家庭が増加傾向にあるように、男女ともに働きに出ていますが、男性より収入の高い女性は一握りしかいません。
そうです、ほどんどの場合男性の方が収入が高いのです。
ですから「自分のほうが稼いでいるのに、なぜ家事までしないといけないんだ」と考える男性もいます。
共働きにも関わらず女性の方が収入が少ない分、女性の仕事(会社)に加え、家事をつけ足して平等をはかろうとしているのです。
“収入が少ない方が家事をするべきだ”という考えをもっている男性も多く存在します。

男性に家事を手伝わせる方法5選!

では、共働きの家庭で男性に家事を手伝ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

1.旦那が家事を手伝っている友人と一緒に食事にいく

家事を手伝っている友人と一緒に出かけることで、これまで家事をしていなかった男性には新しい発見が生まれるかもしれません。
“家事は女性がして当たり前”という固定概念が崩れ、「共働きなんだから家事も一緒にしよう」と意識が変わる可能性もあります。

2.見えない家事を一度やめてみる

日用品のストックがあって当たり前、料理は毎日違って当たり前。
この“当たり前”な見えない家事を1度やめてみましょう。
そうすると、こんなことまでやってくれていたのか、と気づいてもらうことができます。
気づいてもらうことで、“見えない家事”から日常的に行う“見える家事”へと変化し、男性が手伝ってくれるようになるかもしれません。

3.便利グッズを買ってみる

現在はどこのお店に行っても便利グッズが販売されています。
家事のいつものルーティーンだとみ慣れてしまっているのもあり、男性が手伝ってくれないのかも・・・!
便利グッズは料理・収納・掃除など様々な場面で活躍するものが販売されています。
その便利グッズは見た目で楽しめるものも多く、自分が使っていると「何使っているんだろう」と男性の興味を惹くかもしれません。
“男性はいつまで経っても子ども”と言う言葉を1度は耳にしたことがあるかと思います。
目新しい便利グッズは男性の興味を惹くので、遊ぶような感覚で使ってもらうと継続的に家事を手伝ってくれるようになるかもしれません。
最近の便利グッズは100円ショップでも手に入るので、試しやすいですね。

4.一緒に料理を作ってみる

共働きをしている家庭の男性に毎日料理を作ってもらうのは難しいでしょう。
1人で作ってもらおうとすると、男性はおっくうになってしまいます。
ならば、まずは一緒に料理を作ってみるのはどうでしょうか。
「一緒に作ろう」とお願いすると、意外とやってくれる男性は多いです。
一緒に料理をすることによって“楽しい”と感じることができれば、男性は“たまには喜ばそうかな”とサプライズで料理を作ってくれることもあるかも!

5.掃除のメリットを伝えてみる

掃除は“ただ空間をキレイにするだけ”と思っている男性は多いもの。
そこで掃除のメリットを伝えてみましょう。
掃除機などの大きい動きの際は「日頃の運動不足解消になるかも」と言ってみたり、細かい場所の掃除の際は「無心になれるから仕事のストレス解消になるよ」と前向きな言葉をかけてあげるといいでしょう。
掃除のメリットが伝われば普段から掃除を手伝ってくれるようになるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
共働き家庭の男性が家事を手伝ってくれない理由がお分かりいただけたでしょうか?
もちろん全ての男性に当てはまるわけではないですが、このような心理の男性が多いのです。

女性としては共働きである以上、家事もある程度は手伝ってもらいたいですよね。
上記で紹介した方法を使って、少しでも男性が家事が手伝ってくれるようになること願います!