古き良き旅館に泊まるのがおすすめな3つの理由

旅館は古くからある宿のタイプで、日本全国特に温泉地に多く見られます。

旅館では、単に寝るだけではなく、ユニークな体験を楽しめます。静かな環境の中で、地元の食材を使ったお食事をいただいたり、天然温泉でリラックスしたりすることができます。

客室はたいてい、畳や布団などの和スタイルです。ゲストの要望に丁寧に対応する仲居など、おもてなしのポイントが多く含まれています。これらの理由で、伝統的な旅館は、海外からの観光客に特に人気があります。

1.旅館選び

東京都心部には、旅館はまずありません。もし旅館に泊まりたいのであれば、東京に近いところでは、箱根や伊豆などの温泉地がおすすめ。

様々なスタイルの旅館がありますが、本格的な日本建築、日本庭園、素晴らしい料理、畳敷きの客室などは共通しています。また、ロケーションによっては、山、森、海などの穏やかな景色を眺めることができます。人々が都会での生活のストレスから逃れ、精神をリフレッシュするために訪れる場所です。

2.仲居さん

旅館の特徴のひとつは、ゲストの世話をする「仲居さん」と呼ばれる女性従業員がいることです。彼女たちは、ゲストがチェックアウトするまで、ゲストへのサービスやお部屋の管理を行います。

旅館は、日本の「おもてなし」を感じるのに最適な場所です。外国から来られた方は、仲居さんがゲストの行動を楽々と、かつさりげなく予測していることに驚くかもしれません。

例えば、チェックインの際、スタッフは食事の希望時間をゲストに訊ね、指定の時間にすべてが調理・給仕できるようにします。客室に入ると、座卓にお茶とお菓子が用意されています。ダイニングホールでの夕食の後、客室に戻ると、布団が敷かれ、ブラインドが閉じられ、就寝の準備ができていることでしょう。

3.客室

西洋のホテルインと比べると、旅館は規模が大きく、小さなアパートメントに似ています。

エントランスは「玄関」と呼ばれ、ここで靴を脱いで中に入ります。玄関またはすぐそばの小さなクローゼットに館内用のスリッパが用意されていますが、畳の上では靴下以外は履かないようにしましょう!

到着時には、仲居さんあるいは他のスタッフにより、客室へと案内され、様々な説明をしてくれます。短い説明の後は、テーブルの上に用意されたお茶とお菓子を食べながら、リラックスした時間を過ごせます。旅館の醍醐味のひとつは、窓の外に広がる四季折々の素晴らしい風景を楽しめることですね。